トピックス

八王子めじろ台教室

本日、また体験会参加者がその場で入会!

昨年4月に開講して、この1年はたった2名で学んできました。
1年経ったこの3月は少々気合を入れて募集をしましたところ、昨年を上回る反響と体験者の数でした。昨日までで、今月から始めた方が3名に来月から1名の申し込みがあったのですが、本日も体験会を行ったところその場で入会。来月から始めることになりました。
始められる方の学年は様々、ほぼ1~6年まで全学年いる状態ですが、今度1年生に上がる子まで1時間もするとスラスラとマウスを動かし、ドラッグするのを見ると、やっぱり好きなものは覚えるのも早いんですね。さらには、1時間どころか長い子は2時間近くずっと夢中になって席を立ちません。すごい集中力です。
お母さん方からも、「習い事でこんな顔見たの初めて!」とか、「全然机に座ってられないの子なので大丈夫かな?って思ってたんですが、1時間以上もずっと集中してるなんて信じられない!これをきっかけに勉強の方にも集中できるようになってくれれば」と言った声が聞かれました。
まさに、今の子たちですね。今の10代の子たちは、好きなことをやらせたらとっても集中するし、その道を極める子もたくさんいます。将棋の藤井6段や、オリンピックで活躍している若い世代の子は皆そうです。勉強ができなくなっているとか、集中力が無くなっていると言ったことが叫ばれていますが、このような様子を見ると全然そんなことはなく、好きなことを見つけ本当に極めさせることの大切さがわかります。
英語には定評のある、ある私立中学の先生も「最近はなかなか伸ばせ切っていなくて困っているんですよ。今までは、小学校では英語をやってなかったので、まっさらな状態で来てくれました。だから、皆英語を好きにさせられたんですよ。でも今は、小学校で英語をやるようになって、半分近くの子が嫌いな状態で入学してくるようになりました。そんな状態から好きにさせるのは容易ではないんですよ!」と仰っていました。このことからも、勉強も、好きなことから勉強に繋げていけば自然と自ら学べるようになりますが、強制的にやらせると嫌いになってなかなか飲み込めなくなってしまうんですね。そういう意味では、このプログラミング教室は、これから何をやるにしても一つのきっかけとしてはとても素晴らしいものだということに改めて気付かされました。

プログラミングラボを体験しよう!

無料体験に申し込む
TOPへ